メインイメージ画像

こういう時に保険は頼りになる!

僕は持病があるので、または、病気になったので医療保険には入れないと考えている人が多いと思います。本当のところ、医療保険はそのような方ほどぜひとも入って欲しいです。各々保険代理店で医療保険料や詳細な条件は違います。病気を患っている方、病気にかかったことのある皆さん、対象の医療保険はたくさんあります。

例を見ると、A社の場合、一年以内に入院・手術等をしておらず、過去2年に慢性肝炎などので入院せず、過去5年に躁病、糖尿病の合併症などの病院歴がなければ医療保険に入ることが可能です。加入しやすい医療保険を詳細に見ると、通常の医療保険と大差ない内容の保障がつきます。

入院が決まり、医療保険から支払金をもらったと仮定したら、「税金を支払う義務は生まれますか」という疑問をたまに耳にします。現実は払う義務はありません。

支払金を受取る人が、被保険者、その配偶者あるいはその直系家族あるいは、生計を同じくする家族の場合は、税金はかからず税金の納税義務はありません、しかしながら、該当者とは違う人が受領した場合、課徴の対象となると思われます。述べてきたように医療保険から受取った払戻金は税金を支払う必要はなく、申告の義務も生じません。しかしながら、控除を申告する時は医療保険から受取ったお金を全部の医療費からさっぴいて申請しなければならない必要を覚えておいてください。

更新情報